49

護国寺桂昌殿について

護国寺桂昌殿は、東京都文京区にある寺院斎場です。
      
      
護国寺桂昌殿
文京区大塚に在る寺院斎場で、真言宗豊山派の大本山で正式名は、大本山護国寺といいます。徳川綱吉の母桂昌院の発願により建立された為、護国寺桂昌殿の名前が今に残っています。地下鉄有楽町線「護国寺」駅から歩いて0分の利便性と駐車場が確保出来る事から社葬等弔問者の多い葬儀で利用されていて、式場はひとつだけで130以上の席を作る事が出来ます。

 護国寺桂昌殿  
 
護国寺桂昌殿
            
護国寺桂昌殿
葬儀後に向かう火葬場は、落合斎場町屋斎場で荼毘にふされます。護国寺桂昌殿は、渋滞する場所に在るので、時間に余裕を持って出棺しないと、戻ってくるのに時間が掛かります。通常の流れとしては、出棺後、町屋斎場にて荼毘にふされ、護国寺桂昌殿にて繰り上げ初七日の法要、会食をして解散となるのが一般的ですが、最近の葬儀では繰り上げ初七日法要を葬儀の中で行うことも多いようです。
                                     
山門   
  山門


TOP案内図供花の注文書お問い合わせ → TOP